乳酸菌サプリに期待できる効果とは?

乳酸菌のイメージとしては、腸を整えるというイメージを持つ人が多いと思いますが、実は乳酸菌には、腸を整えるだけでなく、全身の病気の改善や体の調子を整えるなどの効果も期待できるのです。

もっともよく知られている乳酸菌サプリの効果が、便通の改善や便通の促進効果ではないでしょうか。

腸内にはもともと善玉菌と悪玉菌が存在していますが、善玉菌が優勢になることで善玉菌が有機酸を作り出し、腸内は酸性に保たれます。

この有機酸によって腸のぜん動運動が活発化し、スムーズな排便につながると言われています。

便秘になっている場合、その腸内は悪玉菌が優勢となっています。

悪玉菌は腸内の残留物を腐敗させ、腸内をアルカリ性に変えてしまいます。アルカリ性となった腸内はぜん動運動が弱まり、便を肛門まで押し出す力がなくなってしまうのです。

腸内に便が長時間滞在してしまうと、たまった便はさらに腐敗がすすみ、腸内はどんどんアルカリ性に偏ってしまうのです。

ヨーグルトや発酵食品、乳酸菌やビフィズス菌が配合された健康食品やサプリを摂取すると、腸内の善玉菌が増えていきます。

善玉菌は胃で消化、分解されたとしても大腸内で善玉菌を助ける働きがあることがわかっています。

オリゴ糖や食物繊維は善玉菌のエサにもなるため、このようなものが豊富に含まれている食品などを積極的に摂取するとよいでしょう。

口コミで大人気の乳酸菌サプリメント「女神フローラ」は、全17種類・1.7兆個の乳酸菌やオリゴ糖などを配合しており、腸内細菌バランスを整え、善玉菌を常に優勢に保ってくれます。

このように意識して善玉菌を増やす努力を行うことで、腸内は善玉菌が優位になり、腸のぜん動運動も再び活発化します。ぜん動運動が活発化することで、便通の促進や改善の効果が期待できるというわけです。

次に期待できる乳酸菌サプリの効果として、免疫力の強化があげられます。

外部からのウイルスや細菌などから身を守る仕組みが免疫です。

免疫の役割としては、外部からの病原菌の感染を防止したり、疲労回復や抵抗力の強化、細胞の新陳代謝を活発にし老化を防止するなどの役割があげられます。

私たちの生命維持にも重要となってくる免疫力の6から7割は腸に集中しています。つまり免疫力を高めるためには腸の環境が重要になるということです。

小腸の内側には絨毛という細かい突起がびっしりと生えています。この絨毛の隙間には、外部からの細菌やウイルスが侵入したことを伝えるセンサーの役割をするものが備わっています。

善玉菌を摂取すると、このセンサーの動きが活発化するため、ウイルスや細菌への抵抗力が高まるといういわけです。

口コミで大人気の乳酸菌サプリメント「女神フローラ」は、負けない抵抗力に役立つフェカリス菌が配合されており、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善し、高い整腸効果や免疫力アップ・抗アレルギーなどの効果が期待できます。

次に、インフルエンザの予防にも期待がもてます。

近年では乳酸菌やビフィズス菌を摂取することでインフルエンザを予防しようという人も増えています。

体内で免疫力が活性化していると、インフルエンザのウイルスが体内に侵入しても発症しにくくなり、もしお発症したとしても非常に軽い症状ですむことがほとんどだと言われています。

インフルエンザで学校でも学級閉鎖になることが多く見られますが、そのような状態であっても、元気なままでいられる子供は免疫力が高いということになります。

このような人は腸内環境も健康な状態であり、善玉菌が優位に保たれているために、免疫力が非常に高い状態であるということです。

そしてアトピー性皮膚炎の改善にも期待ができます。

免疫力は体を異物から守るように働くので、正常に機能していれば、ウイルスや病気から私たちの体を守ってくれることになりますが、食べ物や花粉など無害なものまでにアレルギーを発症する人も増えています。

アトピー性皮膚炎はいまだにその原因は解明されていませんが、善玉菌が優位である腸内環境に整えることによって、アトピー性皮膚炎の改善にもつながるのではないかと言われています。

実際にアトピー性皮膚炎に効果があるとされている乳酸菌もあります。善玉菌優位の腸内環境に整え、免疫力を正常に保てるようにしましょう。

そして花粉症の予防や症状の緩和の効果が期待できます。

花粉症は日本人の5人に1人は悩まされていると言われています。

花粉症のアレルゲンの多くはヒノキやスギなどの植物の花粉です。本来であれば無害なはずの花粉に免疫システムが過剰の衣反応してしまうことで引き起こされます。

この花粉症も腸内の環境が大きく影響しています。腸内の環境を改善し、バランスを整えることで、大きく症状が改善されたり、予防ができることが明らかとなっています。

そして高血圧の予防にも乳酸菌の効果が期待できます。

高血圧とは生活習慣が影響して引き起こされることの多い病気です。

塩分や脂肪分の多い食事を摂ることが多く、運動不足や野菜の摂取量が少ない人は要注意です。

高血圧は、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中など命に関わる病気に発展する場合も多く見られます。

乳酸菌にはカゼインというタンパク質を分解してラクトトリペプチドという物質を作り出す働きがあります。

このラクトトリペプチドが高血圧の予防に非常に役立つのです。カゼインは牛乳に豊富に含まれているので、乳酸菌と牛乳を同時に摂取すると効果的といえます。